ブログ100記事書くと、月間収益が1000円を超える可能性が極めて高い話。

ブログ 100記事 月収




オレクヤン
どうも、こんばんわ。お金が大好きなオレクヤンです。

今回は、初心者がブログを始めるにあたってよく目にする。【とりあえず100記事書け!】って事に関して綴って行きます。

この【俺悔】というブログは、記事が150ちょいあります。
収益に関しては、2018年5月の収益報告を参照してください。

月間収益がメチャクチャ有り難い事に、1000円を越えています。

ここで、初心にかえってみて素朴な疑問が浮かびました。

オレクヤン
はたして、100記事以上書いたら、月間1000円の壁は超える事が出来るのか?

という事。

フォロワー数もあまり多くなく、少ない投票数ですがアンケートを取ってみました。
その結果が、、、

アンケートの選択が少しおかしな事になっていますが、そこは気にしないでください。

ため美
オレクヤンの凡ミスです。
オレクヤン
おっしゃる通りでございます。

この、アンケート結果を元に気になる事を掘り下げてみようと思います。

月間収益1000円以上の貴重さ。

アフィリエイトやクリック型広告など広告にも色々ありますが、ブログを作ったりアフィリエイトサイトを作っている人達の収益って気になりますよね。

1,000円以上月に稼いでいる人が、如何に貴重か説明していきます。

ブログなどでASPに登録していると、アンケートが届いた事がありませんか?

オレクヤン
あの、何とも恐ろしい恥晒すアンケート。。。

アフィリエイトマーケティング協会が行った市場調査によると。

アフィリエイトマーケティング協会から引用。

アンケート回答者2,450名。
収入内容  人数  パーセンテージ
【収入なし】 571名 23.3%
【月1,000円未満】 355名 14.5%
【月1,000円以上 5,000円未満】 215名 8.8%
月5,000円以上 合計 1,309名 53.5%
補足 月100万以上 243名 9.9%

引用なので、詳しく調べたい方はアフィリエイトマーケティング協会から確認出来ます。

この市場調査によると、1,000円未満の割合が37.8%。
ざっくり4割。逆に言えば1,000円以上稼いでいる人は、6割に食い込んでいるという事。

6割に食い込むのを、簡単と取るか難しいと取るか難しい微妙なラインですが、
まずは、1,000人中600人には入れたという逸材だ。

オレクヤン
俺もその一人だから、大きな事は言えないが、悪くない数字だと思う。

まずは、半分以上とはいえ、成果をあげれた事が素晴らしいし貴重な存在だと思う。

確率論なら、可能性が高い。

あくまで確率論だが、貴重とは言え6割は月に1,000円以上稼ぐ事が出来るようだ。

これからブログを始めるには、明るい未来がありそうな気配は個人的に感じている。
上を見ればキリがないが、とりあえず毎月1,000円収入が自動で入ってきたらランチに一回は行ける。

手をつけず年間で考えれば12,000円です。。
旅行の交通費くらいは当てられそうです。

それが出来る可能性が高い!!!!

多いと見るか少なくみるか。

1,000円が多いと思うか少ないと思うかで、だいぶ話は変わってくる。

月1,000円稼ぐにも、アフィリエイトなどに取り組めば結構たいへんに俺は感じました。
使った時間量に比べたら、毎月1,000円はかなり少ないと思うかもしれない。

ただ、これが毎月自動販売機のように、勝手に入ってくると考えれば
多く見ることもできそうですね。

十年で120,000円。

ため美
取らぬ狸の皮算用とはこの事。

良くないが時給で考える。

よく、時給で考えると話にならん的な事を言ったりする人がいるけど、
アフィリエイトなどは、時給で考えるものではない。

とはいえ、一個人の事業者を経験した事ない人にはしっくりこないと思う。

オレクヤン
勿論、俺もしっくりこなかった。

だから、敢えて時給で考えて見る。

1記事から100円発生するとして、その記事を作成するのに2時間かかったとする。
これだけ見れば、時給50円です。

これが毎月になったらどうでしょうか?
記事に費やした時間の2時間は変わりません。

ということは、毎月100円発生し続ければ、毎月時給が上がっている計算になる。

ピッタリ毎月100円ずつあがっていったとしたら、毎月その1記事の時給が何もしていないのに50円ずつ上がっていくという事。
1年後には600円。2年後には1,200円だ。
これは毎月その記事から収益が発生し続ける限り、時給は上がり続けるという事です。

ブログを書くには、1記事書いたからそれが毎月収益になるとは限りません。
多く、有益な情報を流せばそれだけ稼げる可能性があがるって事ですね!

為せば成るは、本当だ。

やれば勝ち!間違いないです。

逆を言えば、やらなきゃ勝てない。
やっても負けるかもしれないですが、やらなきゃ勝ちようがない。

逃げるが勝ちともいうが、逃げて記事を書かずに勝てる訳がない。
人を使ってはじめてその技を発揮する事が出来るかもしれませんね。

ブログで100記事書くと、、

ブログで100記事以上書くとどうなるのか?

割合とアンケート結果。

Twitterで個人的にアンケートを取りました。
26名の方に回答頂きました。

毎月1,000円以上、10,000円未満の割合がピッタリ半分の50%
毎月1,000円行かないのが、12%。
残りは、収益があるかないかわからないが、1万をブログで稼ぐのが難しいと思っているかもしれない人達が38%という結果になった。

仮に、わけわからん質問した俺が悪いんだけど、その1万円稼ぐ事が神だと思う人達が毎月1,000以上行っていたとしたら、記事を100記事書いて月1,000以上稼げる人は88%もいるという事だ。

書くしかないでしょ!!w

年間で考える。

月だと1000円。年なら12000円。
簡単な計算だし、年12000円じゃちょっとと思うかもしれない。

でも、ほぼ不労所得に近い12000が年間入ってきたら
俺、メチャクチャ嬉しいけどねw

1万円の壁。

1万円って結構難しいんですね。

100記事かけて月1,000円以上いっても、そこから上になかなか行けない模様。

割合にしたら、69%も1万には届いていない。

1万超えたら、神の領域にいっているかもしれませんねw

記事量産も有りだが、、、

となると、記事量産は準備段階かもしれない。

量産で攻めてもいいが、記事をリライトしていくほうが効率はいいかもしれない。

オレクヤン
俺は、リライト嫌いです。

因みに、俺の同期ブロガーのはゆまさんは、量産で攻めて収益を上げているようです。

オレクヤン
尊敬しか出てこない。
はゆまさんブログ
あしたはきっと外に出る

楽しく1,000円。

個人的には、月1000円稼ぐなら楽しくブログを続けていけば行けるかもしれません。

俺は100記事書くのが楽しく、何も考えずとりあえず書くというスタンスでやっていたので
楽しく、気づいたら稼げるようになっていたという感じ。

これをいうと、【あんただからできたんだ!】って声が聞こえそうですが、

スルーしておきます。

精神論は好きでも、そういうの何言ってるかよくわからないんで。
俺も実際思ってたし、、、

まとめ

今回は、俺の影響力の無さが垣間見える恥さらしのアンケートに参加してくださった優しい方々のおかげで、
目に見えた事が、参考になるのではないでしょうか?

オレクヤン
月1,000円を目指しましょう!!

とか

ため美
何よりまずは100記事!!

といった精神論を述べたいのではなく。

あくまで、俺の興味から派生したアンケートです。

中には、1,000円行かないよーーって人もいました。

確率なら、1,000円は行けるようですね!!!

今、全然アクセスも収益も伸びない。
一生懸命、100記事書いたのに、全然ダメ。

もし、1,000円毎月発生するなら。それだけでもすごい事。
だからといって慢心せず、これを増やして行く方法を考える方がいいかもしれません。

100記事で月1,000円行く可能性は、極めて高いというのがまとめです。

頑張れ!悩める者よ!

オレクヤン
俺も悩んでる。
ため美
なんか、いつも思うけど。
オレクヤンって締め方下手だよね?まとまってないし!
オレクヤン
それじゃ〜ばいなら
ため美
逃げよった!それじゃ〜またね。

 









 

デグーを愛するはゆま

 

似たような高みを目指す同期ブロガー。
やり取りすると、かなりファンキーな気がするけど、どんどん優しい人柄が垣間見えて来ます。

デグーに関して詳細に記事を書いていたり
仕事の悩み、くすっと笑える記事など多方面に文才を発揮しています。

2 件のコメント

  • こんばんは、単純計算で行けば月一万記事書けば6ケタ、月100万は稼げるのでは?と思いましたがブログで稼いでる人って実はブログの内容では無くアフィリエイト等の広告収入がメインだと聞きました、だったらブログの中に一つ広告しかないページを作ってそこの広告を全てクリックさせるようにすれば稼げるのでは?と思いますがどうなのでしょうか。でも働きながらひと月1万記事は無理、そんな事したら多分死んでしまうし記事自体思いつきませんね・・・

    • 毎度ありがとうございます。
      単純計算だとそうなりますね。
      中には、ブログからアフィリエイトとは別に個人のコンテンツや物販などで収益をあげている人もいるようです。
      ナックルズさんのコメントだと、恐らくペラサイトと呼ばれるものがそれに当たると思います。
      一枚の紙にずらーーーーっと説明が書いてあって、リンクがはってあるもの。
      それだと、物販系にはなっちゃいますが。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です