ネタ切れってこういう事か。ブログをリタイアしていく人の気持ちがわからなくもない件




どうも、こんばんわ。

少しブログの感じも整いつつあるので、俄然またやる気になっているオレクヤンでございます。

本日は、ブログやアフィリなどのリタイア者が多い理由について綴っていきます。
ブログに関わらず、ネットビジネスも含めやっぱり継続という事がなにより難しいと思うのです。今回は、それにはネタ切れも主な理由の一つなのだと感じたので、俺独自に感じて実行している改善法や、なんとなくこうした方がいいんじゃね?みたいな事・不思議に思う事を綴って行きます。

ブログで意気込んで続いてますか?

これ、かなりムズいという事に気付いています。

元々、収益を得るためにアフィリエイトという存在を目にして、何もわからない。おまけにパソコンも詳しくない。もっているパソコンはクッソ遅いという状況からネットビジネスにチャレンジしました。

それから早3年近く経ちますが、収益に関しては何も変わっていません。むしろマイナスを継続しています。

そんな状況下の中、あなたはブログやネットビジネスを続けようと思いますか?

大体の人は、無理でしょ?とかやる意味とか思う人も多いと思います。

これは、継続が何よりという感じを現時点で感じています。

この3年間は、一つの事に注力していません。
結果が出る前に、別の事に目移りして注力する部分を変えて来たことによる結果にあると思っています。

これが、悪い事と言っているのではなく、意味を持てば良いことかもしれません。
俺は、かなり遠回りして、今ブログに落ち着いているので、かなり良いことだったと俺なりに解釈しています。

何を目的にしているか?

これも重要です。

お金のためでも、自分の成長のためでも、理由はなんでもいいんです。
本当になんでもいい。モテたいとか、可愛い子に出会いたいだとか、端から見たらくだらないと罵られるかもしれない理由でもいいんです。

それは果たして必要な事なのか?

これが、問題なんです。

モテたいという動機があったとしたなら、果たしてそれが本当に求めている事なのか?という事。

会社に就いて、仕事をしている人はなぜその職場で働いているのか?
ほぼ確実に生活が関係していると思います。
倒産しないという保証はないのですが、与えられて仕事をこなしたり、自分なりに成長して仕事に勤しめば、毎月【お給料】という形で、限りなく高い確率で生活に必要な資金は集まります。

その仕事が俺がやりたかった事なんだ!!お金じゃないという人もいますから、毎日会社に通い続ける。いわゆる継続が出来るんです。

これを、ブログにも置き換えればいいのです。

お金のためにやるなら、お金になるまでやればいいんです。

※ 仕事に就けば、毎月決められた額が貰えます。ブログは貰えません。
しかし、仕事に就いた状態で昇給はすぐには厳しいでしょう。
ブログも同じ事です。
スタートが0か50の話です。100にするには、どうするのかという事。

モテたいという願望があるなら、モテるまでやればいいんです。

※ モテたいというのは、少し例として微妙ですが、、、仕事に就いてもモテる人はモテます。
ブログでモテるかどうかはわからないのですが、モテるまでやればいいと思います。
職場でも似たような行動しているかもしれないので、ネットに置き換えて考えればいいだけの話です。

結果は伴っているか?

この結果が伴わないと、継続は難しい。

お金で考えれば、仕事につくのがてっとり早く、その仕事を継続していけば毎月なり毎週なり結果が伴ってお金が貰えます。
それなら、嫌でも続ける事が出来ない事はないです。

結果がすべてとは言いませんが、何かしらの手応えみたいなモノがないと継続しにくいですね。

何はともあれ、ネタ切れがヤバイ件。

話が少しそれてしまっていました。失礼しました。
ネットビジネスなどは、ネタ切れがかなりやばくて、継続の妨げになります。

何回もネタ切れを経験して気付いたのですが、このネタ切れが一番リタイア者を生み出しているきがします。

さっきからお金を例にして申し訳ないのですが、

・お金も入らない
・誰も見てない
・ネタも切れた

もう、やめたくなる時だってありますよ!

ではなぜ、ネタ切れが起こるのか?

日常が平凡。

この平凡というのは、自分で平凡と思ってしまうか?という事。

多分、同じ仕事を毎日こなしていても、平凡と感じていない人も世の中には大勢います。
それが幸せと感じる人もいるということ。
端から見た平凡は、けして平凡とは限らないのです。

平凡にしているのは、もしかしたら、自分自身なのかもしれません。

職場の行き帰りだけが、外出。

休日は、別として外出がほとんどないひとも多いのではないでしょうか?

外に出る事すら中々ないのに、毎日同じ道を往復するだけ。

それは、ネタ切れになるのも無理ないです。
たまに、違う道を歩いてみたりするだけで、意外な事に気付いたりしますよ。

ただ、同じ道を往復するだけでも、それはネタになりえます。

ネタ切れ=記事がかけない。

ネタ切れは、記事がかけなくなるので非常にまずいです。

仮にブログをやっているのだとしたら、ブログ自体を運営出来なくなります。
というよりはブログが成長出来なくなります。

家を立てて、家具がないという状態です。
料理をするのに、食材がないという状態ともいえます。

これは継続を簡単に打ち切ります。

逆に、豊富にネタを仕入れる事も出来るという事。

ネタ切れならそれが記事になる。

これこそが、俺がブログを面白いと思う事。

ネタ切れという事が、ネタになるんです。

これがわかるとネタ切れになりにくい。

ネタがないな〜と悩んだ瞬間から、ネタが生まれているんです。
つまり、ネタ切れという事をネタとして捉えていないという事です。

今俺が、この記事を書いているように、ネタ切れ=ネタという不思議な事が可能になるのがブログなんです。

ないという言葉は、あると言うこと。

上記にも綴りましたが、ネタ切れ=ネタという事になるなら、

【ない(切れ)】=【存在するもの】なんです。

といっても、【ネタ切れ】というネタを使ってしまったらなくなります。
後は、それをどれだけ掘り下げるか?に尽きると思います。

ネタがない=ネタがないというネタ。
ネタがない=ネタを探す方法。
ネタがない=ネタを生み出す方法
 

というように、枝分かれさせられればネタは無限に増えて行くはずです。

ネタがないなら、過去に使ったネタを掘り下げてみるという事も大切かもしれません。

俺の改善方法。

ネタ切れになった時にやっている事や考えている事を綴っていこうと思います。

といってもあくまでこれから綴る事は、俺自身がやりやすくメンタル的にも助かる部分が多いというだけで、ネタ切れに困っている人すべてに当てはまる事ではないという事だけご理解ください。

多分、「しょうもなっ!!!」って思う事もあると思いますが、参考までにどうぞ!!!

ネタになると思わない。

すべてネタになると思わないという事。

例えば、今日は帰りに鳥が飛んでた。それをネタにしようとしても、そもそも鳥に詳しくないし詳しくなろうと思わない。(カワウソなら詳しくなりたいw)

という事をメインに言いたいのではなく。

ネタになる、、またはネタにしようとすると逆に色々考えて詰まるから、【THE NETA】と考えないようにしている。

先程の例で、鳥が飛んでいたとしてそれをネタに記事を綴ろうとしても、

・俺より詳しいヤツいっぱいいるしなぁ〜〜
・こんな文章で書いていいのか〜

とか、余計な邪念がチラついてしまうんです。

ならいっそうネタではなく、個人の見解という感覚で、インプット・アウトプットしています。

ネタだと、、、ちゃんと記事を組み立てなくてはならない。出来もしないのに、、、
個人の見解だと、、、ネタというものから自分で出来る範囲での感想を書く

といった方がわかりやすいでしょうか?

元々ネタなどない。ならネタにする心構え。

ネタというものは、そもそも存在しないと考えます。

なら、ネタというモノを生み出そうという考え。

例えば、昨日ハンバーグを食べた。これはネタとして使えるかもしれませんが、これを俺はネタと考えない。
昨日ハンバーグを食べたけど、どこの牛肉使っているんだろう?と考えた瞬間からネタとします。

先程も綴った、枝分かれを意識するということです。

何気ない日常から無理やりでも、強引でも枝分かれさせるとネタが産まれます。

嫌な事が多いなら、それはネタ。

嫌な事って、幸いにも人間にとって記憶に残りやすい出来事です。

これをネタにします。

例えば、、、

ゆうちょ銀行で差し押さえを食らった。注意点と危険な対策法。

2017.08.14

「自分で考えろ!!」そう言うお前が考えてみろ。

2017.08.05

思った事は、すべて書く。

すべてがすべて書いているとは言えないのですが、出来る限りすべて書いてます。

9割ぐらいでしょうか。
自分の思った事を思ったままに、感じたままに、理解したままに発信しています。

これで、食えるとも思ってないし、食いたいとも思っていないから出来る事かもしれません。
だからこそ、過度な期待もしてないし、やりたいように出来ているのかもしれません。

まとめ。

長くなりましたが、ネタというものは

探すのもいいですが、掘り下げて生み出すという考えもあった方がやりやすいと思います。

ネタ切れは本当に危険です。
ブログをやっていきたいと思った瞬間から、アンテナは張り巡らせておいた方がいいかもしれません。

自分の経験も掘り下げると楽しいかもしれませんよ!!!!

幸運を祈ります。









 

デグーを愛するはゆま

 

似たような高みを目指す同期ブロガー。
やり取りすると、かなりファンキーな気がするけど、どんどん優しい人柄が垣間見えて来ます。

デグーに関して詳細に記事を書いていたり
仕事の悩み、くすっと笑える記事など多方面に文才を発揮しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です