ディズニー・シーで、ポップコーンのケースだけが欲しいんじゃ!




どうも、こんばんわ。

先日嫁と一緒にディズニー・シーに夢を見に行って来たオレクヤンでございます。

今年やっと初の1デーパスポートを手にいれて、何とか無理矢理行って来る事にしました。
今年4月にアフター6パスポートで午後6時から入園したのですが、やっぱり1日遊べる方が遠くから行く事を考えると都合がいい。

なので、一日中魔法にかかっていましたよ!
(じゃかぁしーわ!!!)

そんな一日でどうしても納得行かない事が起きたので、キャスト(スタッフ)に聞いたら初めて知った事があってので、今日は綴っていこうと思います。

俺は、ポップコーンのケースが欲しいんじゃ。

どうやら、バケットともいうみたいですね!

ディズニーランドもシーも、ポップコーン置いているじゃないですか?
歩きながら食べてみたり、鳥に差し出してみたり、歯に詰まったり、中々すきなのですが、
ポップコーン売っている所に、かわいいケースが売っているんです。

それは誰でも知ってるわ!!!

問題は、そのケースが場所場所で違うという事。
これが気に入らん。

だってよ?

「俺、キャラメルくいてぃーから。」

キャラメル売っているとこしか、ケース買いに行けないのよ!!!

これは困った。

どうしても欲しかったケースを発見。しかし、、、

ランドとシーでは、シー派な俺と嫁ですが、その理由としてダッフィーの存在が大きいです。

嫁がダッフィーが好きなんです。
我が家のダッフィーシリーズは、記念日が近づくにつれ1つ1つ増えて行きます。

そこに現れた、いつもほしいと思っていたこいつ!

毎度来るたびに欲しかったんです。
しかし、聞いてください。

これの売り場のポップコーンの味。

ホワイトチョコレートとミルクチョコレート!

やめて頂きたい。俺、チョコ苦手。
食べれない訳じゃないけど、バケットに入る量を食える自信が微塵もない。
嫁は、そもそもポップコーンがあまり好きではない。

もう絶対残すやーん!

と、諦めようか悩んでいたのですが、、、

買ってやろうと決意。

嫁もダッフィーかわいいと叫んでくれたら買わない訳には行かない。

こうしてオレクヤンは、列に並びました。

(なんか、気分が乗って喋り方が気持ち悪くなってきたな。)

自分の番になった時、あまりの匂いに抵抗が出てしまい。
思わず。。。

「お金は払うんで、ケースだけくれませんか?俺、チョコ食えなくて」

と、伝えてしまいました。
負けた、、、、匂いには勝てなかった。完全に俺が食えない匂いだ。

すると、キャストさんがくれた券。

おおおおーーーー。なんだこれ!!!

ポップコーン引き換え券。
売り場に出せば、ポップコーンと変えてくれる。

この引き換え券をくれた売り場で、ケースとポップコーン代を支払い、ケースと引き換え券をもらって、別の売り場でケースに違う味を入れてもらえるという、何とも活かした券。

テンション上がってしまいました。

まず、キャストの気が効くこと効くこと。
俺、元々はポップコーン代は捨てるつもりで、お金を払うつもりでいたのに、それに気付いて気を効かせてくれたところは、さすがディズニーだと思いました。

さっそく、キャラメルに走る。

おかげで、ダッフィーのケースにキャラメル味を入れる事が出来ました。

いやぁー満足満足。

次行く時も、同じケースを持っていこうと思います。

有効期限が割りと長い。

今回は11月30日まで有効です。
3ヶ月近くあるのかな。

 

有効期限の存在の意味は、よくわかりません。
プレゼントとして譲渡は禁止されています。
気をつけてください。

わかるのかという疑問も浮かぶのが正直な感想ですが、、、

まとめ。

わからない事とか、疑問点は躊躇わずキャストに聞いた方がいいですね。

危うくチョコ味全部捨てるとこでした。
そこまで裕福じゃない俺は!!!

ケースも味も自由に自分の好きな組み合わせが出来るようです。

困ったいた人は、これからポップコーンを無駄にしないように!!

それじゃ〜ばいなら!









 

デグーを愛するはゆま

 

似たような高みを目指す同期ブロガー。
やり取りすると、かなりファンキーな気がするけど、どんどん優しい人柄が垣間見えて来ます。

デグーに関して詳細に記事を書いていたり
仕事の悩み、くすっと笑える記事など多方面に文才を発揮しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です