肩こり解消の棒【鬼の恩返し】を個人目線でレビュー。




どうも、こんばんわ。
パソコンに向かう事が増えてから、肩こりという名の悪魔に襲われる毎日のオレクヤンでございます。

2018年に入ってから、肩こりに悩まされていました。
だけど、マッサージも今は安くなってきたのかもしれませんが、肩こりのマッサージにウン千円出すのは少し気が引けてます。

背中を掻くための孫の手や猫の手?みたいなもので、自分でマッサージ出来る物がないか探してみたらありました。

ネーミングセンスも面白かったので、使用感などレビューしてみます。

▼目次で気になる所にジャンプ▼

鬼に励まされ、手渡される。

鬼にとって幸せになるような事は一切していないが、恩返しに手渡された棒。(これは、金棒だったのかもしれない。)

有り難い事に肩こりに悩んでいるので、最高に有り難い気分だ。
鬼がひざまずいて、差し出す感じが何ともシュールだw

全貌。

大きさを比較するための物を置き忘れるという大失態でサイズ感がわかりにくいですが、
かなり大きめです。

写真の鬼のように持つと、背中の3分の1辺りまで届いてサイズは問題ない。
ただ、置いておくには大きすぎてガッチリしすぎているかもしれない。

折りたためる事もできず、椅子の背もたれなんかに引っ掛けて置くのがベストといった具合。

このサイズのおかげで、痒い、、、痛いところに手がとどくといった感じ。

因みに、孫の手のように背中を掻いてみたけど、服に上からなら結構掻けます。

仕様。スペックってやつですね。

名称 【鬼の恩返し】
販売元 ラヴィ(La・VIE)
材質
丸い部分が合成ゴム
棒の部分がスチール
取手部分がポリウレタン

サイズ
長さ 43センチ
幅 17センチ
厚み 4.5センチ
重さは 255グラム

しっかりした作りになっていて、サイズ感と存在感はかなりあります。

ラヴィ(La・VIE)という販売元は、ツボ押し用具やストレッチ用具・トレーニング用具などの健康用品を扱う会社のようです。

使い方色々。

俺は、肩こりにだけ使用するつもりで購入しましたが、
他にも、背中・首・足裏なども気持ちいいです。

意外だったのが、【手】!
先端の丸い部分は突起がいくつもあるのですが、それがまた絶妙なサイズで気持ちのいいところに当てやすい。

イメージとしては、手にツボ押しの棒を当てる感覚。

自分の力によって気持ちよさに個人差は出てしまうかもしれませんが、
あまり力を入れられない人は、地面に置いて手に体重をかけるのもおすすめです。
テレビ見ながら手軽に出来る!!

個人的なレビュー。

実際買ってみて良かったところもあるのですが、気になるところもあったので
レビューしてみます。

何しろ硬い!

この鬼の恩返しという名の指圧棒は、何しろ硬い。

端から端まで硬い。

なので、少しでも力を入れすぎると痛いだけになってしまいます。
先端は、丸くて突起がついているので気持ちいいポイントを的確に指圧出来るのですが、

もう、硬い。

棒がしならないので、自分の力がダイレクトに伝わります。
何も考えず、思っきり扱うとめちゃくちゃ痛いです。

デカイ!

サイズ感がしっかりしているので、大きい。

なので、置く場所に少々戸惑いを感じています。

冒頭でも説明したとおり、椅子の背もたれに引っ掛けているのが、保管方法として一番ベストかな?

座るときは、ご注意を。
何しろ硬いので。

価格が安い。

こんなに、シュールかつサイズ感と存在感があるのに、そんなに価格が高くないのに驚いています。

初め値段を見る前買うかなやんだのですが、値段的にも手頃だったので買ってしまうくらい安いと感じています。

1000円ちょいといった感じ。

気持ちよさは満点。

先端部分は、突起もついていてポイントポイントを指圧出来るので、かなり気持ち良さを感じる事が出来ます。

これも、自分の力加減なのでお好みで調整してみてください。

まとめ

いいトコ・わるいトコ

【いいトコ】

  • 価格が安い
  • 肩こり以外にも使える
  • 力を加えやすい
  • 気持ちいい所を、ピンポイントで指圧出来る。

【わるいトコ】

  • デカイ。存在感がある。
  • 置き場所に困る
  • 先端が硬すぎる

【どうでもいいトコ】

  • パッケージの鬼がイケメン

IT企業など、デスクワークで巻き起こすひどい肩こりや腰痛。
背中や首裏のツボ押しにおすすめです。

この【鬼の恩返し】には、シリーズがありまして、他の商品も非常に興味深いです。
全種類集めると置き場所に困りそうなので、目的にあったものを使ってみてください。

それじゃぁ〜ばいなら!!









 

デグーを愛するはゆま

 

似たような高みを目指す同期ブロガー。
やり取りすると、かなりファンキーな気がするけど、どんどん優しい人柄が垣間見えて来ます。

デグーに関して詳細に記事を書いていたり
仕事の悩み、くすっと笑える記事など多方面に文才を発揮しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です