【賽はなげられた】とは?この言葉から、自分を奮い立たせてみる。




どうも、こんにちは。

今日は一日を家で過ごす事に決めたオレクヤンです。
というよりは、出かける予定も何もないので、パソコンに向かっていこうとしています。

さっきユーチューブ見ちゃったよ。
この誘惑やべーなww

今回は、好きなことばについて綴っていこうと思います。

人それぞれ好きな言葉が、一つくらいあるのではないでしょうか?
俺も特別ではなく、むしろ好きな言葉が色々あります。

【賽はなげられた】

この言葉が、最近めっちゃしっくり来ています。

意味としては、もう始まってしまったことだから、考えてないで動け!!!

という感じ。
俺はそう捉えています。

賽は投げられてしまったので、結果は出ているんです。
そこから変化を期待するのであるならば、自分がなんとかしなければならないという解釈を俺はしています。

めっちゃかっこいい言葉ではないですか?

映画などでもよく使われる理由がなんとなくわかります。

決断の時は、賽を投げられる。

賽は投げられたということわざは、割りと起こり得てしまった事に対して、決意と行動を制御され、突き進むしかない状況だと思うのですが、、、

例えば

試験勉強していないのに、試験が始まってしまった。
予知やわかっていた事であっても、あとには引けない状況になることを意味していると感じています。
この状況って、自分でも起こせるのではないのかとおもったのです。
賽を投げてしまえばいいんです。
悩んで、苦しんで、進めない。
進めない事をいつまでも悩んでいるようなら、
賽を投げてしまえばいいんです。
始めてしまえばいいんです。

それが、どうなるかとか、悩んでいてもわからないなら、やってみればいい。ということ。

投げてしまえばこっちのもんってヤツです。

あとには引けないのですから。

今の俺のようだ。
仕事を削っているのだから、あとには引けないのです。

自分で賽を振ったから起こった変化が、今俺に発信の変化を与えてくれました。

とりあえず、やってみ??失敗するから。

俺は、賽を自分で振った事によって、大きな失敗を引き起こすかもしれません。

現に俺はブログを始めて、継続できなかったという大失敗を起こしました。

でも、それでもいいんです。
どうせやってもやらんでも変わらないという、妄想が膨らむのであれば所詮それは妄想でしかないし、何も変わらなければそれは結果であって決まってた事ではない。

それだけ、わからない事に悩むこともあるけど、やってみればいいんじゃないのと思えるように俺はなれた。

よくブロガーの方とかが

【トライアンドエラーを繰り返して】とか
【失敗から学べばいい】とか

色々言っていますが、その通りなんです。

それをわかっていても進めないなら、賽を振ってしまえばいいんです。
そしてそれから自分を奮い立たせて行けばいいんだと俺は思った。

実感したというのが、正しいのかな。

めっちゃ自己啓発っぽい。。。

どうせ。どうせ。

よく、何か変化を起こす時に、

【どうせ俺には出来っこない】とかいうじゃないですか?

どうせならもっと上手く使ってみようと思いませんか?

【どうせ俺には出来るわけないからやってみる】とか
【どうせやるならやってみよう】とか
【どうせなら、賽投げてみよう】とか

使い方ひとつで何とでもなるんです。

俺は、どうせ出来ないと思った時

【どうせ出来ないなら、やってみて違うやり方さ〜〜〜〜がそ!!!】

と考えられるようになりました。

おかげで失敗ばかりでしたけどね。
でも、自分を貫いている感は、俺自身を強くしている気がします。
実際記事書いてるし。

前の俺なら、このままユーチューブ見続けていましたよ。

言葉って大切。自我を奮い立たせてくれる。

人って不思議な生き物です。

言葉や行動でなんとでもなるし、なんとでもしようとする事も出来る。

 

これを、試しにやってみたら、気合だけは入ったのは事実です。

勿論、記事更新のモチベーションもあがりました。

本当に不思議な事ですし、自分の裁量でなんとでも出来るという事が、俺個人の範囲ではあるが証明出来ました。

あっ!!!何度も言いますが、、、

結果なんてとりあえず、今は置いとけばいいと思います。

仮に、賽は投げられて、試験が始まったとしても5分後に結果がわかるわけではないんで、、、、









 

デグーを愛するはゆま

 

似たような高みを目指す同期ブロガー。
やり取りすると、かなりファンキーな気がするけど、どんどん優しい人柄が垣間見えて来ます。

デグーに関して詳細に記事を書いていたり
仕事の悩み、くすっと笑える記事など多方面に文才を発揮しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です