シンガーソングライターとして、俺はどうやって曲を作るのか?作詞作曲で大切なこと。




オレクヤン
どうも、こんばんわ。
最近、ギターをまともに弾いていないオレクヤンです。

弾かなすぎると、指動かないねw

ブログを最近はメインに書いていますが、元々シンガーソングライターとして作詞作曲をしていました。

お金を貰えるほどの企業やらに提供はしていないので、プロとは呼べないかもしれないですが、
一応、ライブもしてお客様からは応援を頂いていたので、

少し参考までに俺の作詞作曲方法を晒してみようかなって思います。

前提として。

作詞作曲をする前に、俺がどんな曲を書いていたのか綴らないといけないですね。

ジャンルとしては、フォーク・ロックです。

難しいコード進行とかはあまり多くなく、フォークソング時代の曲調に
重みを持たせて激しくした感じ。

歌詞は極力、現代の言葉で思いついたままを改変して作っています。

現代の不平不満を歌っていると思ってもらうとわかりやすいと思います。

因みに、絶対音感も持っていないし、譜面も読めません。
無論、コード進行もよくわかってない。(専門行ったのにw)

感覚が主に作曲を手助けしてくれてます。

曲線、詩線。

この字であっているのかよくわかりませんが、

【曲線】曲のメロディーやコード進行などから作曲に入る事。
【詩線】歌詞から作曲に入る事

こういう意味合いで使われます。

俺はというと、主に両方です。
決まりという感じはあまりなく、どちらからでも行ける。

というよりは、曲も歌詞もほぼ頭に出来てて、作品にする時に歌いながらコードを当てるといった感じ。

歌詞は日常。

歌詞は思った事を思ったままに綴る事が多いです。

クソッタレ!って思って曲にしたかったら普通に使います。
しかも、サビにしたりします。

でも、感情的になった文章ってメロディーに乗りにくかったりします。

【あのクソッタレが、大して仕事もしねぇで、グズグズと言いやがって】
という感情があったとしてら、あまりに歌詞的ではない。

「クソッタレ グズグズ仕事もしねぇで」

ぐらいに縮める事は日常茶飯事です。(あくまで例なので、クオリティは求めないでくださいw)

メロディーは、暗め。

メロディーは、歌謡曲やフォークソングが好きなのも影響してか、
かなり暗め。

マイナー・コードがほとんどです。

幸い、自分で作った曲の中で似すぎるという曲はあまりありません。
コード進行が全く同じでも、リズムや歌いまわしでだいぶ違う作品に寄せれます。

専門用語になりますが、【Em】が大好きですw

お客さんの反応。

俺の曲は、好き嫌いが分かれている印象。

ミュージシャン仲間に直接聞いた事はないので、主観的な感覚ですが。

日常の不平不満を笑いに変えている曲が多いので、割とシンガーソングライターというよりは、
芸人だよねと言われる事もしばしば。

どちらも芸人だと思うんですがねぇwww

とはいえ、最高の褒め言葉です。

自分の人生を笑ってくれるって最高ですよw

だった、同じ事を経験したりしますから。

まとめ。

元々、国語もすきじゃなかったのに、

シンガーソングライターとして、詩を綴り
今は、ブログで文章を綴っています。

今でも毎日反省するのが、

【感覚で生きている。】

という事。

勉強って、本当に自分が好きな事+その時の感情や感覚で熱中したりしなかったりするんです。

もっと、冷静になって考えれば良かったって思う事は数多くあります。

おっと話がアホみたいにそれたw

作詞作曲で大切なのは、相手に伝える事だと俺は思ってます。

伝わらなければ、何も感じてもらえない。

でも、自分の感覚も忘れてはいけないと思ってます。

だからなんです。

俺がプロになれなかった要因。

万人受けする曲は書けない。
自分を主に置いた作曲。
笑ってもらうための作曲。
自己表現の作曲。

わかっているけどやめられない。

逆をこの記事を参考にして、真似しなかったらあなたも売れるかもしれませんよw

オレクヤン
それじゃ〜ばいなら。

 









 

デグーを愛するはゆま

 

似たような高みを目指す同期ブロガー。
やり取りすると、かなりファンキーな気がするけど、どんどん優しい人柄が垣間見えて来ます。

デグーに関して詳細に記事を書いていたり
仕事の悩み、くすっと笑える記事など多方面に文才を発揮しています。

8 件のコメント

  • こんばんは、私はずっと気になっている事があって作曲って学校で勉強して作れるようになるのか
    元々才能が有って曲をどうしようかと考えているとふと閃いて曲が出来ると言う人もいます。
    詞は目で見て読んで見れば意味が分かりますが音は目に見えず抽象的で分かりません、曲が売れて
    大豪邸に住んでいる作曲家の人やバンドで作曲担当の人を見ると不思議に思います、寝る時に段々意識が無くなって行く時にテンポの速い曲が浮かんで来て、「おっ、もしかして・・・」と思いますが起きてからよくよく考えて見ると昼間聴いていた歌だったりします、やっぱり芸術家には勝てないと思いました。

    • こんばんわ。コメントありがとうございます。

      あくまで俺の感覚ですので、違う意見もあると思いますがご了承ください。

      作曲は、学校で音楽理論を勉強すれば作る事は可能です。
      逆にいえば、詩の方が難しいと思う人もいるかもしれません。

      【詩は読んで見れば意味がわかる。】
      これはその通りですが、それは詩を読めるからわかるんです。
      日本語を理解してるからわかると思って貰えるとわかりやすいです。
      だから、英語を知らなければ英語の曲の歌詞を見ても理解は出来ません。

      これと曲も同じです。
      音楽理論がわからないから、音が抽象的に感じてわからないんです。

      もちろん、音は感覚が大部分を占めてますが、それを目で見えるようにしたのが譜面や文字です。
      ドレミファソラシドと抽象的な音をわかりやすくするため音階を先人が作りました。

      難しい話になりますが、ド・ミ・ソを一緒にならすと明るく聴こえるなど理論がしっかり組み立てられてます。

      それを、専門に通ったのに理解しなかったブロガーがいたそうなw

      • こんばんは、昨日の返信の内容ですが大変為になりました。一つ聞きたいのですが工藤静香さんの
        「MUGO・・・ん、色っぽい」と言う曲で2番目の歌を歌った後間奏が20~30秒間ありますが
        あの間奏はどう言った音階で作られているのでしょうか?未だに不思議な感じがあります

        • こんばんは。色々考えたりしてたら遅くなりました。

          名曲ですね!懐メロが好きな俺にとって、最高の曲です。
          といっても、間奏を理論的に解釈した事(理論よくわからないw)もないので改めて聴いてみました。

          音階で説明するのが、かなり難しいです。まして、文字だと厳しいです。譜面に起こすとわかるのかもしれませんが、譜面に起こすことも残念ながら俺は出来ません。

          なので、俺なりの解釈で失礼します。

          不思議に感じるのは、曲の流れに違和感があるからだと思われます。
          王道の曲の流れと違って、間奏だけ違和感を起こすような流れになってます。

          いや、そこ真っ直ぐ行く道でしょ?
          なんで、右の草むら入ってった?みたいな感覚です。
          いや、そこ【ド】でしょ?
          なんで、【ファ】に行った?みたいなw

          語彙力の酷さw

          さらには、楽器も特殊な構成をしているようで、それも相まって不思議な感じに聴こえるんだと思います。間奏の入りが、宇宙空間っぽいのが特徴ですね。

          質問に対して、回答になってないと思います。申し訳ございません。
          因みにこれ、記事にしてもいいですか?

          • こんばんは、回答有難う御座いました。宇宙空間の様な感じがすると言うのは私も思っています、
            楽器が特殊な構成をしていると言う所までは分かりませんでした。こんな拙い私の文章でも記事に
            成るなら光栄です。

  • こんばんは、久しぶりに曲の件で質問が有ります、「おジャ魔女どれみ」で一番目の歌が終わった後二番目に成るまでに間奏が有るのですが聞いていると何か上に上がるような感じに聴こえますがあれもまた少し特殊な楽器の構成なのでしょうか?

    • おはようございます。
      昨日、聴いてみました。
      懐かしくも名曲ですね。あんなにキャッチーな曲は今なかなか見受けられないようにも感じます。

      間奏ですが、前回お話したように世界観がありすね。宇宙空間みたいな。
      恐らく、変身シーンなのでそれをイメージした作りになってます。

      前回のとイメージは同じです。
      使用楽器もシンセサイザーという楽器で間違いないかと思います。
      また、何とも間奏だけ独特な世界観が面白いし耳を引きますね( ¯꒳¯ )ᐝ

    • こんにちわ。
      いつもありがとうございます。

      曲の間奏が出てこず、今出先なので調べてみます。
      ただ、アニメ系は特殊楽器を使われる事が多い印象があるので、可能性は高いと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です